カーバッテリー おすすめ アイドリングストップ

アイドリングストップ対応車のバッテリーは特別なのか?

アイドリングストップは、エコカーの基本です。

 

そもそもは、ハイブリッド車にあった機能で、ガソリンエンジン車にも備わったという流れです。ハイブリッド車とガソリンエンジン車ではバッテリーの容量などが違います。

 

まずは、ハイブリッド車か、ガソリンエンジン車かを見てみましょう。

 

当然ですが、ハイブリッド車はそれ専用のバッテリーが必要です。ガソリンエンジン車でもアイドリングストップ機能対応ならこれもそれ対応のバッテリーの方が絶対に良いです。

 

バッテリーが一番負荷がかかるのは、エンジンスタートの時なので、それをストップごとにエンジンスタートするので、バッテリーのパワーが必要ということです。

 

ちょっと話はそれますが、エンジンスタートするセルモーターにもかなり負担がかかるので、中古車選びではセルモーターの疲労をみるのもポイントですね。じゃ、どこで見るかは、走行距離と実際にエンジンスタートしたときの音で判断です。走行距離は多ければそれだけ信号待ちなどでストップ&スタートの回数も増えるからです。ただ、エンジンスタートしたといの音は、比べないといけないし、個人の判断力に左右されるとこです。それでも、あきらかに、セルモーターの疲れたような周り具合や、歯車のすれるような音がしたら止めたほうがよいですね。もしくは、販売店と交渉でセルモーター交換してもらうというのならいいかもです。

 

話はちょっとそれましたが、結論は、バッテリーメーカーもアイドリングストップ対応バッテリーを出していますので、それがおすすめです。

 

 

アイドリングストップ車のバッテリー交換の時期は、いつ?

バッテリーの交換時期というのがとても気になります。

 

これは、アイドリングストップ機能付きでも、昔ながらのエンジンでも実はいっしょです。

 

前回バッテリー交換してからの走行距離と年数を目安に、上がってしまう前に交換がおすすめ。

 

ハイブリッド車、ナビ機能などが一般に普及してから車の電気に頼る部分が増えてます。バッテリーが突然上がってしまうと、いろいろ支障もでます。特に、とりあえずブースターケーブルでエンジンがかかればと思いますが、最近の車は間違えると危険ですから。

 

でも、

エコカー対応バッテリーで人気売れ筋はあるのか?